ほうれい線は治療で消せる|美魔女になろう

ウーマン

施術方法

鏡を見る女の人

術後は安静にしよう

ボトックス注射は医学的な施術となりますので、副作用が発生することも考えられます。一般的にはボトックス注射を受けるときには、麻酔が使用されますので注射による痛みを感じることはありません。医師の技術力によっても変わってきますが、ボトックス注射の施術を行ってから数日から1週間ほどの期間は腫れや内出血が生じることもあります。施術を受けた当日はデリケートな状態になっていますので、飲酒やサウナ、長時間の入浴などは避けたほうが良いです。稀に施術を受けた後に、風邪に近い症状が現れることがあります。吐き気や熱が出る、めまいなどの症状が現れたときには安静にすることが適切です。吐き気などの症状が出たときは、数時間休んでおくことで回復することが多いです。

経験豊富な病院を選ぶ

どれほど効果的な治療法であっても、失敗したくないと考えることが人間心理というものです。ボトックス注射の施術では、経験が浅い医師のいるクリニックを選んでしまうと、管理が徹底されていないこともあり、適切な効果が得られない可能性があります。同じ施術を受けるのであれば、経験豊富な医師の治療を受けたほうが良いです。そのためにボトックス注射の実績が豊富なクリニックを選ぶことが大切で、症例数などを確認しておくことが重要です。実績がしっかりしているクリニックであれば、施術中の写真であったり、症例数をホームページ上に明記しています。実績についてはっきりと明記されていないクリニックでは、経験が浅い可能性がありますので別のクリニックでボトックス注射を受けることがおすすめです。